1 地 域 の 概 況

(1) 流域概要  針原川は鹿児島県北部、熊本県との県境に位置する矢筈岳(標高687m)の西魔に位置し、鹿児島県出水市針原地区を西に蛇行しながら八代海に流下している流域面積1.55km、延長2.3kmの小阿川である。
 流下流域では市道、JR鹿児島本線、国道3号線を横断するとともに、施工中の九州整備新幹線と計画中の九州西回り高速道路を横断している。

(2)地形・地質  針原川の地形は、今回発生した崩壊地を含む矢筈岳西魔では小起状山地を呈しており、砂防ダム下流付近から河口までは扇状地となっている。
 地質は、上流から砂防ダム下流付近にかけては、新規火山岩類(矢筈岳火山岩類)が分布しており、それより下流域には扇状地堆積物が分布している。
 土石流発生後、崩壊地内部及びその周辺でボーリング調査を実施した結果、崩壊地の地質は輝石安山岩と凝灰角礫岩である。輝石安山岩は強風化した層と弱風化した層とが混在して分布しており、その下部には基盤層である比較的新鮮な安山岩層と層がある。その境界付近には、明瞭な弱線や破砕帯を確認する事は出来なかった。

(3) 土地利用  山腹の斜面は段々畑で、ほとんどみかん園として利用されている。また下流域は、以前には稲作が行われていたが、土質が稲作には不向きで、みかんに適していたため、現在ではみかん栽培にほとんど利用されており、針原みかんとして有名である。


2 災 害 の 概 要

(1) 発生要因  針原川土石流の要因としては、梅雨前線に南から暖かく湿った空気が流れ込み、その湿った空気の帯が活発化し、強い局地的な降雨となった。平成9年7月7日から14日にかけて、最大時間雨量61.5mm、最大日雨量275mm(出水消防署)であった。
 この豪雨により、平成9年7月10日午前0:45頃に、大量の水を含んだ上流の山腹が崩壊して土石流となって流下し、建設中の砂防ダムでその一部を補捉したが、一部は乗り越えて下流域の集落を襲った。

(2) 被害状況
人的被害 ●死者 21名   ●負傷者 23名
家屋等の被害 ●住家/全壊18棟 半壊1棟
●非住家/11棟 一部損壊2棟
農地の被害 ●土砂埋塞 10.2ha

(3) 崩壊地  ●崩壊土砂量160,000立方メートル(うち80,000立方メートルが砂防ダム下流域に流下)
●崩壊深28m  ●崩壊幅90m  ●崩壊斜長220m
●斜度35度  ●標高100〜200m


3 警 戒 避 難 態 勢

(1) 避難勧告  災害発生後、既設ダムには計画貯砂量22,000立方メートルを遙かに越える、約50,000立方メートルの土砂が異常堆積していたのと、崩壊地に亀裂が多数発見されたため、堆積土砂除去と山腹の不安定土砂の切り取りが完了した、平成9年10月24日までの99日間、45世帯125名の人々が避難生活を余儀なくされた。

(2) 監視体制  2次災害防止のための監視体制としては、監視カメラ・雨量計・伸縮系・照明灯・サイレンサー・スピーカー等を設置し、消防署での24時間体制で監視にあたっていた。

(3) 避難雨量
避難勧告基準雨量 時間雨量15mm 連続雨量80mm
避難準備勧告雨量 時間雨量10mm 連続雨量50mm


4 復 旧 計 画 の 内 容

(1) 砂  防
(災害関連緊急砂防事業、砂防施設災害復旧事業)
 崩壊地、みかん山、渓流等に広く分布する不安定土砂に対して、再度災害防止を目的として、崩壊地にはアンカー工、法枠工、集水ボーリング、谷止工等、みかん山には地すべり抑止枕・集水ボーリング等、渓流にはダムの復旧と既設ダム上流に2号ダムの新設、既設ダム下流には土石流堆積工を計画する。

(2) 河  川 (河川等災害関連事業)
災害発生時は出水市の管理する準用河川であったが、砂防と河川の水系一貫した整備を図るために、平成9年9月3日に鹿児島県の管理する二級河川に指定した目的としては、流路の屈曲是正、橋梁の改築、河床低下の防止、ぜい弱部の改築および補強である。

(3) 関連事業 (農地・農業用施設災害復旧事業)
 土石流災害で被災した果樹園地2.8ha、道路・水路0.34ha、宅地等非農用地1.08haを合わせた4.22haを災害復旧事業(区画整理)により農用地の基盤整備を図るとともに、点在する非農用地を特定用途用地換地の手法により集約し砂防事業用地とする。

(4) 事業費 
災 害 関 連 緊 急 砂 防 事 業 約36.1億円
砂 防 施 設 災 害 復 旧 事 業 1.3億円
河  川  等 災 害 関 連 事 業 3.2億円
河  川  災  害  復 旧 事 業 1千万円
道  路  災  害  復 旧 事 業 3百万円
農地・農業用 施設 災害 復旧 事 業 1.4億円
合 計 約42.0億円
地方 特 定 砂防 環境 整備 事 業 2000万円


前へ TOPページ